【別名は“七変化”?!】土の変化で年々色が変わる『紫陽花』色の大変身にびっくり!

6月から7月に開花する今がシーズンの紫陽花

皆さんもまちのどこかで見かけるのでは?

そんな身近な紫陽花ですが、土によって花の色が変わることをご存知でしょうか?

石巻市内のとあるお宅の紫陽花の花の写真をお借りしました。

濃いピンクがとても鮮やかです。

実はこの紫陽花、植え替えを行う昨年はこんな色だったそう!

淡い優しいピンク色!白っぽい部分もあります。

違う花に見えるほどですが、よく見ると花のかたちは一緒ですね。


紫陽花は、土壌のpHによって咲く花の色が変わるのだとか。

pHとは酸性度のこと。酸性の土だと青色になり、中性~アルカリ性だとピンク色になると言われているようです。


土の変化でこんなに色が変わってしまうなんて驚きですね。

近くに咲いている紫陽花の色で土の状態が分かるかも…♪

散歩がちょっと楽しくなる豆知識でした。

**************


関連記事

人気の記事

ピックアップ

\お知らせ/

まきにゅー会員(無料)になると、豪華プレゼント企画の応募やイベント参加申し込みが出来ます♪

>> 会員登録<<
Facebookも更新中♪ いいね・フォローしてね!

人気の記事